緊急の時は

緊急の時は

警報器が作動したり、ガスくさいと感じた時は

1.火気厳禁
  • 絶対に火気を近づけないでください。タバコもすぐに消してください。
  • ライターやマッチなどの「火気」を絶対に使わないでください。
  • 換気扇や電灯などの電気のスイッチには絶対に手を触れないでください。(スイッチを操作する際に、小さな火花がでます。)
  • ガスのにおいがする場所が屋外の場合は、窓や戸を閉めてガスが室内に入らないようにしてください。必要に応じて、ご近所にも注意を呼びかけて、避難誘導をお願いします。
  • ガスのにおいがする場所へは立ち入らないでください。
2.窓や戸を開ける

窓や戸を大きく開けて、部屋の空気を入れ替えてください。

3.ガス栓などの閉止

器具栓、ガス栓、メーターガス栓を閉めてください。

4.下田ガスへの連絡

下田ガスまで連絡し次の項目をお伝えください。
「あなたのお名前」「ご住所(ガスのにおいがしているところ)」「ガスのにおいがする場所の状況」

ガスが出ない・止まったとき

コンピュータ(マイコン)を内蔵したガスメーターが24時間ガスを安全にお使いいただけるよう監視しています。

こんな時にガスを止めます。

  • 震度5弱相当以上の地震を感知したとき
  • 消し忘れなどでガスを長時間使用したとき
  • ガス管のはずれなどでガスが大量に流れたとき
  • ガスを使用しているときに、ガスの圧力が異常に低下したとき

マイコンメーターの復帰操作

メーターガス栓
1.すべてのガス栓、器具栓を閉めてください。

(屋外の器具も忘れずに)このときメーターガス栓は閉めないでください。

2.復帰ボタンのキャップを手で左に回し、キャップをはずしてください。
3.復帰ボタンを止まるまでしっかり押して、赤ランプが点灯したらすぐ手を離してください。

その後キャップを元通りに取り付けます。

4.約3分間待ちます。

ガス漏れがないか確認します。赤ランプの点滅が消えたら、ガスが使えます。


※ マイコンメーターのガスもれ確認は、 メーターからガス機器までの範囲で行います。
※ 3分間以上点滅が続くときは、ガス器具の閉め忘れがないかを再確認し、やり直してください。

地震防災対策について

  • 大きな地震(震度5相当以上)を感知するとガスを自動で遮断するマイコンメーターを取り付けています。
  • 柔軟性に優れたポリエチレン管や耐震継手の普及を促進しています。
  • 下田ガスでは24時間緊急出動体制で保安の確保を行っています。

地震がきたら

下田ガスでは、大きな地震が起きた場合、元のバルブでガスを停止し二次災害を防止します。

  • ガス使用中に震度5以上の地震を感知するとマイコンメーターが自動的にガスを遮断しますので落ち着いて行動し、まず身の安全を確保してください。
  • 地震の揺れがおさまったら、ガス器具の器具栓を閉め、ガスの元栓も閉めてください。
  • 再びガスを使う場合、ガスくさくないか確認し、ガス漏れに気づいたら、窓を開け新鮮な空気を入れ換気してください。その際、火気、電気は絶対に使用しないでください。
  • 弊社まですぐに連絡をください。
  • ガス栓を開いてもガスが出ない場合は、マイコンメーターを確かめてください。 赤いランプが点滅していたら、ガスを遮断しているので、マイコンメーターの復帰手順に従って復帰操作をしてください。
緊急用24時間受付窓口
0558-22-1321